よりみち珈琲〜福岡で販売する自家焙煎コーヒー豆のお店〜福岡を中心に自家焙煎コーヒー豆の卸販売のお店「よりみち珈琲」のブログです。お店のコンセプトは「コーヒーでリラックス。あなたの人生に、ほっとするヒトトキを」。コーヒーのワークショップも開催していますので、お気軽にお声掛けください

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク
    店主のちまるってどんな人?? 00:44
    0


      店主のちまるです。

      突然ですが、店主ってどんな人でしょうか??

      よく分からないでしょう(笑

      生い立ちとかから話すととっても長いので、店主とコーヒーの関わりをお話しします。


      ……………………………

      母親がコーヒーが好きで、休日の夜に食事が済んだら、コーヒーを淹れてよく飲んでいました。

      家族が集まって、わいわいいいながら、飲んだコーヒー。

      実家にはサイフォンコーヒーの器具があって、サイフォンの淹れ方は母親に教わったと思います。

      その後、人並みに喫茶店に行くようになって、コーヒーを飲んでいたんですが、衝撃だったのは、スペシャルティコーヒーに出会ったこと。すごく美味しくて、いままでの珈琲の概念が壊れてしまいました。

      その後はスペシャルティコーヒーの専門店に通って、セミナーなどを受講しコーヒーの飲み比べをすることによって、コーヒーの個性を感じることになり、シングルオリジンへの興味・関心が高くなっていきました。

      その後、ラテやカプチーノといったシアトル系のドリンクにハマッていきました。牛乳によって引き出させるコーヒーの甘み、しゅわしゅわとした舌触り、視覚的にたのしいラテアート。

      家でも、かなり濃く抽出したコーヒーに牛乳をいれて飲むスタイルを取り入れてから、コーヒーには牛乳をいれるようになったというのもあるんですが。

      その後、コーヒーをもっと詳しく知りたいと思い始め、カッピングの勉強を始めます。ワインでいうテースティングと同じです。コーヒーの個性を感じ、評価するやり方です。

      その他、さまざまなコーヒーを取り寄せたりして、飲んできました。1番印象深いのはアメリカのコーヒーの巨匠、ジョージハウエルが経営するテロワールコーヒー。

      大規模経営のコーヒー店ながら、珈琲の素材の良さと焙煎の素晴らしさを感じさせる、素晴らしいコーヒーでした。


      ………………

      コーヒーは素材の良さと素材の良さを引き出す焙煎、正しい抽出で決まると思っています。

      焙煎は日本料理と同じ。もちろん西洋料理のように、素材にいかに味つけていく焙煎もありますけれどね。

      私は日本人なので素材を生かす焙煎を志すことにしました。

      ………………

      コーヒーの勉強は終わりはありません。焙煎は日々進歩していっています。だからコーヒーは面白いと感じています。

      もっともっと美味しいコーヒーを極めていきたい。そんな店主です。



      JUGEMテーマ:Coffee














      | よりみち珈琲のコンセプト | comments(0) | trackbacks(0) | posted by よりみち珈琲の店長
      なんで「よりみち珈琲」と名付けたの? 23:28
      0
         こんにちは。店長の「ちまる」です。

        たぶん聞かれるであろう、お店の名前についてちょっとお話。







        これがまぁ、なかなか決まらなかったわけですよ。

        結果的には、お店のコンセプト

        「コーヒーでリラックス。あなたの人生に、ほっとするヒトトキを。」

        からつけたんですけどね。


        コーヒー屋の名前は傾向があって

        1)代表の名前がついたもの

        2)動物の名前がついたもの

        3)珈琲に所以があるもの

        4)ロックや音楽に所以があるもの

        があります。知っているお店はこの傾向に当てはまりますか??


        名前を検討している時に、傾向にそって考えたこともあります。

        「ちまるコーヒー」とか、「カピバラコーヒー」とか(笑

        それも悪くないけれど、お店らしさがでてないかなーーと。



        それに、私はコーヒーってリラックスしたい時に飲んで欲しいという思いもあって、

        のんびりゆったりとした名前がいいな〜と思いました。


        あとは、嫁さんから「あなた(ちまる)の性格上、カッコつけた名前は違うやろ!」とのアドバイスもあったりして(汗

        移動販売ということも前提として考える必要もあり、○○コーヒースタンドとか○○食堂車とかも考えました。


        しかし、移動販売はこのコーヒー屋を知ってもらうために最初のステップ。いつか固定店舗を構えるときには移動販売を感じさせるネーミングは足手まといとなってしまう(かもしれない)。

        それなら、シンプルに語尾に「コーヒー」がついたものがいいのでは?となったわけです。

        「よりみち」というネーミング。

        辞書で調べると

        「スル目的の場所へ行く途中で、他の所へ立ち寄ること。」とあります。


        今の社会は大人も子どもも忙しい。目的を果たすことでいっぱいいっぱい。「よりみち」なんてなかなか出来ない。

        それでも、リラックスしたい気持ちは誰でも持っている。

        それをコーヒーを通して提供したい。外出先でも家でも。


        あとは「ゆるい」ネーミングにしたかった。わたしがゆるいから(笑


        …という、なんかわかりにくいですが、よりみちしてコーヒーを飲みに来てっていうメッセージです。

        FBでも「よりみち隊」とかコメントいただきうれしいです。

        私は「よりみちってください」とお返事しました。

        ……………………

        ちょっと脱線しましたが、こんな感じでゆる〜く営業していきますので、ぜひ「よりみち」してみてください。よろしくお願いします(^^)。


        JUGEMテーマ:Coffee
        | よりみち珈琲のコンセプト | comments(0) | trackbacks(0) | posted by よりみち珈琲の店長
        販売スタイルについて 20:00
        0


          私のコーヒーを提供する。


          普通のお店では店舗を運営するためにコーヒーを数多く販売することや、ランチメニューなどを増やして、お店を維持しています。


          ただ私はある意味で不器用です。一つのことしかできない。コーヒーを極めること。


          私が焙煎したコーヒーを適正な価格で販売するには、コーヒーの味に関わらない部分での固定経費を下げて、味の部分にこだわりたい。


          そう考えると固定店舗を持つことはいつの日かの目標にして、まずは移動販売という方法を考えた。


          私のコーヒーを知ってもらうためには、まずはイベントなどでコーヒーを提供できるようにしたほうがいいのかなと考えていました。


          私が住む福岡は屋台の歴史も長く、路上でものを食べる文化はあるとおもっています。


          お客さまのちかくで、コーヒーを提供する喜び。


          もうすぐ始動します。


          JUGEMテーマ:Coffee

          | よりみち珈琲のコンセプト | comments(0) | trackbacks(0) | posted by よりみち珈琲の店長
          | 1/1 |